離婚後の支援制度

 

離婚して再び母子家庭になった場合、経済的に苦しい状況に陥ってしまうことは多いと考えられます。

経済的に苦しい方を守る、救うために国や自治体では、母子家庭や父子家庭が受けられる公的援助を設けています。市区町村役場や福祉事務所などに問い合わせを行い、公的援助を利用することは重要な事柄です。上手に活用し、苦しい生活から脱却致しましょう。
  kanbann.jpg


公的援助は、市区町村によって異なり、所得制限があるものもありますので、詳細はお住まいの市区町村役場の窓口に問い合わせをして下さい。ここでは目安として記載させて頂きます。


 

生活のための支援制度

離婚後の生活をサポートする支援制度には以下のようなものがあります。

 

児童扶養手当

児童扶養手当は、父母の離婚などで、父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立の促進に寄与し、児童の福祉の増進を図ることを目的として、支給される手当です。
平成22年8月1日より、父子家庭の父も児童扶養手当の対象となりました。


 

児童扶養手当の支給対象者

対象者は、次の条件にあてはまる「児童」を監護している父母、または養育者です。
なお、「児童」とは18歳に達する日以降、最初の3月31日までをいいます。

心身におおむね中程度以上の障害(特別児童扶養手当2級と同じ程度以上の障害)がある場合は、20歳まで手当が受けられます。
いずれの場合も国籍は問いません。

1 父母が離婚した児童
2 父(母)が死亡した児童
3 父(母)が一定程度の障害の状態にある児童
4 父(母)の生死が明らかでない児童
5 父(母)から引き続き1年以上遺棄されている児童
6 父(母)が引き続き1年以上拘禁されている児童
7 父(母)が不明である児童


 

児童扶養手当の月額

受給資格者(ひとり親家庭の父や母など)が監護・養育する児童の数や受給資格者の所得等により、全部支給・一部支給・全部停止に区別されます。

児童1人の場合
   全部支給:41,550円、一部支給:41,540円~9,810円
児童2人以上の加算額
  2人目:5,000円
  3人目以降1人につき:3,000円
 

児童扶養手当は、所定の手続きを行い認定を受けると、認定を受けた日の属する月の翌月分から支給されます。
支払いは4月、8月、12月の年3回、それぞれ前月分までが支給されます。


 

児童育成手当

18歳に達する日以降最初の3月31日までの間にある児童を扶養する母子・父子家庭に対し、児童1人につき月額13、500円の育成手当てが支給されます。
なお、所得制限があります


 

住宅に関する支援制度

離婚後、様々な事情により実家に住むことが出来ず、そうかと言って安定した収入があるわけではないため、民間のマンション・アパートを借りることに困難を感じている方もおられると思います。
そのような方のために、以下のような支援制度があります。

なお、自治体毎に支援制度の内容が異なりますので、詳細については、お住まいの市町村役場におたずね下さい。


 

母子生活支援施設

離婚等により経済状況が苦しい母子家庭(子供は20歳未満)が利用できる施設です。
独立した居室で家事・育児を行うことができます。

施設には、仕事や育児のことなど、様々なことを相談できる職員がいます。
また、母親の残業や、保育所が休みの時など、時間外保育を行っています。

施設利用に関する費用は、住民税や所得税の税額に応じて決まります。


 

公営住宅

公営住宅とは、都道府県や市区町村が運営している住宅で、家賃は、民間のマンションやアパートに比べ低くなっています。
収入の余りない方でも安心して生活していけるよう、家賃は収入によって決まります

公営住宅への入居は、抽選で決められますが、母子家庭で同居親族が20歳未満の子供だけであった場合、当選率が高くなり、入居しやすくなっています。



 

就職のための支援制度

現在、働く意欲のある母子世帯の母親を支援する制度が整えられつつあります。以下の制度は、その一例です。
自治体毎に支援制度の内容が異なりますので、詳細については、お住まいの市町村役場におたずね下さい。
 
離婚を機に、新たな職にチャレンジし、見事に才能を開花された女性の方は多くいます。あなたも、新たなことにチャレンジしてみませんか?


 

自立支援教育訓練給付金の支給

母子家庭の母親を支援するもので、雇用保険の教育訓練給付の受給資格を有していない人が対象教育訓練を受講し、修了した場合、経費の20%(4千1円以上で10万円を上限)が支給されます。

 

高等技術訓練促進費の支給

母子家庭の母親が看護師、介護福祉士、保育士などの資格取得のため、2年以上学校等で学習する場合に、学習期間中の生活費の負担軽減を目的として、高等技能訓練促進費が支給されます。
また、入学金の負担軽減のため、入学支援修了一時金も支給されます。


 

生活保護

収入が少なく、最低限の生活すら出来ない方を援助するための制度です。
生活費、家賃、学費等、最低限度の生活に不足する分を援助してくれます。

生活保護の申請は、福祉事務所で行います。

生活保護とは、病気・失業等の様々な理由で収入がないがために経済的に困窮し、政府・自治体が定める最低限度の生活を営めない場合、生活保護費を支給するなどして最低限度の生活を保障する制度です。
これは、最低限の生活ができない人間を放置せず、社会全体で支え合うべきであるという価値観が背景にあります。

生活保護は、世帯単位で適用されます。
給与、養育費、各種福祉手当などのあらゆる収入を合計しても最低生活費に満たない場合は、その不足部分が生活保護費として支給されます。

 

離婚後の手続きについての詳しい情報はこちらから

離婚後の手続き
離婚後の支援制度
再婚について



ImgTop5.jpg

弁護士法人 山本総合法律事務所についてはこちらから

弁護士山本哲也の理念
弁護士紹介
費用
当事務所の特徴
ご相談の流れ
アクセスマップ

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。 

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

【アクセス】
●JR高崎駅より
 タクシー 約10分
 バス 約15分
 関越交通渋川行き 小鳥停留所下車 徒歩約3分 群馬バス箕郷息 続橋停留所下車 徒歩約1分
 ぐるりん 第一病院前下車 徒歩約2分
●JR信越線 北高崎駅より 徒歩約15分
●JR上越線・両毛線 高崎問屋町駅より 徒歩約20分
●関越自動車道 前橋ICより 車約7分

0_map.jpg



 

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)

〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階

初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。

Copyright (C) 2011 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.