離婚したいけれど相手と直接話をしたくない方へ

  •  離婚したいけれど、暴力を振るわれるので直接話したくない
  • 相手と話をすると怒鳴られるので怖い
  • 離婚の話をするといつもなじりあいになって前に進まない
  •  離婚の交渉が大きなストレスになっている

 

 

離婚したいけれど相手と直接話をしたくないなら、弁護士に交渉をお任せ下さい。

今回は弁護士を介して相手と離婚の話を進めるメリットをご説明します。

 

1.弁護士に離婚の交渉を依頼できる

 

弁護士といえば「調停」「裁判」のイメージが強いかもしれませんが、「協議(話し合い)」の段階でも弁護士に依頼できます。

弁護士に離婚協議を依頼すると、弁護士が全面的に「代理人」となって交渉するので依頼者には相手からの直接の連絡が来なくなります。
弁護士を通じて相手に希望を伝え、相手からの返答は弁護士を通じて伝えられます。
お互いに合意ができれば弁護士が「協議離婚合意書」を作成し、離婚届を提出して離婚が成立します。

弁護士に離婚交渉を依頼したら、ご自身で話をする必要はありません。また以下のようなメリットもあります。

 

2.身の安全を確保できる

DV案件やモラハラ案件でご自身が交渉すると、相手から暴力を受けたり怒鳴られたりするおそれが高くなります。

 

別居しているケースでも、自分で交渉するには電話番号などの連絡先を伝える必要があり不安でしょう。

 

弁護士が代理で交渉すればご本人は前面に出なくて良いので身の安全を確保できます。

 

特に別居して居場所や連絡先を告げていない場合、弁護士を介して話をすれば相手に居住場所や電話番号、メールアドレスなどを知らせる必要がなく安心感が高くなります。

 

3.交渉を有利に進められる

 

法律の専門家でない方は、離婚に関する法的な知識が充分でないのが通常です。

 

自分で交渉すると、相手から気圧されて不利な条件で合意してしまう可能性もあります。

 

たとえば「殺すぞ」などと脅されたら、泣く泣く離婚を諦めざるを得なくなったり親権を手放したりする結果にもなりかねません。

 

弁護士が代理する場合、法的な観点から依頼者の利益を最優先にして交渉を進めます。

 

相手から脅されても折れることはありえません。結果として有利な条件で離婚できる可能性が高くなります。

 

4.ストレスがかからない

離婚の交渉は、当事者にとって大きなストレスとなるものです。

 

不眠がちになる、あるいは体調を崩されたり仕事に集中できなくなったりする方も少なくありません。

 

弁護士が代理で交渉すれば相手と直接話をしなくて良いので気持ちが非常に楽になり、毎日を平穏に過ごせるようになるものです。

 

離婚トラブルで「相手と直接話したくない」なら弁護士に依頼するのがもっとも有効な対処方法となります。

 

弁護士に依頼すると有利な条件で離婚できる可能性も高くなりますので、ぜひとも一度、ご相談下さい。