経営者・医師の離婚問題

hitorrisetumei.jpg   離婚問題は誰にとっても深刻ですが、当事務所の経験では、会社等(会社や士業等の事務所等)の経営者の方・医師の方の離婚の場合、特有の問題があり、より複雑な事態となることが多いようです。 実際に、当事務所でも、夫が経営者・医師である方の離婚相談を多数頂いています。

資産が高額であることによる問題

経営者・医師である方の離婚問題が複雑化、長期化する原因の1つは、端的に言って、その資産が高額であることによります。

財産分与の割合は原則として2分の1ですが、経営者や医師が、その努力や特殊能力によって、高額の資産を形成された場合、共同財産に対する夫婦の寄与の程度、婚姻中の協力及び扶助の状況によって、2分の1ずつではない形での分配が認められることがあります。

この点、裁判においても、明確なルールが出来上がっているわけではなく、年収が数千万円と高額な場合については、夫婦がそれまでどのように生活してきたのか、どのくらい貯蓄をしているのか等を考慮して、裁判官が判断する、ということになりますので、これらの点をいかに裁判官に納得してもらえるように主張するか、が大切になります。
このような事件を弁護士にご依頼いただいた場合、弁護士は依頼者に最大限の利益となるように、客観的な事実を抽出し、慎重に論を組み立てます。

 

年収が2,000万円以上の場合の養育費等について

 

 

妻が夫の会社や医院を手伝っていることによる問題

経営者や医師が、配偶者を従業員として雇用している形態は多く見られます。
このような場合、離婚の話し合いをする際は、夫婦の離婚の問題と、雇用者と従業員としての問題も出て来ます。

このように、経営者の方や医師の離婚は、多くの問題がついてまわります。
お困りのこと、不明なことがございましたら、弁護士にご相談ください。
 
 
当事務所の解決事例:①経営者の場合