男性のための離婚相談

執筆者
悩む男性

男性からの離婚のご相談では、次のようなお悩みが特に多くなっています。

  • 妻から高額な慰謝料を請求されて困っている
  • 財産分与、年金分割で納得のいかない条件を提示されている
  • 価値観が合わない妻との生活を見直したい
  • 突然妻から離婚を言い渡された
  • 心当たりの無い理由(浮気・DVなど)で離婚を迫られている
  • 離婚するのは良いが、親権は手放したくない

経験豊富な弁護士・スタッフと、多数の解決事例のノウハウを蓄積している当事務所では、男性ならではの離婚に関するお悩みに配慮しつつ事案に応じた最適な解決へと導きます。

ともすれば女性有利になってしまいかねない離婚トラブル。「男性のお客様を救いたい」という思いから当事務所ならではのノウハウを駆使して万全のサポートを行います。

男性の離婚で注意すべき3つのポイント

1.財産分与について

財産分与

男性側の方が収入が多い場合、妻に財産分与として預貯金や不動産などの財産を渡さねばならないケースが多くあります。

財産分与で少しでも有利に解決するには、どのような財産が分与対象になるか、財産の計算方法を正しく把握しておく必要があります。

たとえば独身時代の財産や親から譲り受けた財産は対象になりません。退職金も対象から外せるケースがあります。

また生命保険や退職金の財産分与では全額が対象になるとは限りません。独身時代に積み立てた分は外せるので「婚姻期間」に比例する分のみを計算する必要があります。

また、ご自身が住まなくなった家の住宅ローンを支払い続ける必要もありません。

不当な請求を退けるためには、経験と交渉力が重要です。

依頼する弁護士によっても結果が変わる可能性もありますので、財産分与で損をしないためにも実績と経験のある弁護士にご相談ください。

2.慰謝料について

現金

離婚時、妻から「不倫」や「暴力」などを理由に慰謝料請求されるケースもよくあります。

心当たりがないのに慰謝料を求められるケースが多いので注意が必要です。理由のない慰謝料請求に応じる必要はありません。

また慰謝料には相場の金額があります。相手の要求が過大な場合には減額させることが可能です。

相手の請求するままに支払う必要はありません。経験豊富な弁護士にご相談ください。

3.親権、面会交流権について

男性と子ども

男性でも親権を獲得できますが、女性よりハードルが高くなるのは事実です。男性が親権を取得するには「別居前からの慎重な準備」が必要です。

特に別居時、子どもと離れてはなりません。相手に子どもを連れて行かれるとそのまま相手に親権が認められる可能性が高まるので、注意が必要です。

また妻が親権者となった場合、父親には子どもと面会する権利(面会交流権)が認められます。

早期に対策を行うことにより、ご希望を叶えることができるケースもあります。

男性の離婚問題はおまかせください

1.男性特有のお悩みを的確にサポート

武多和弁護士

財産分与、慰謝料、親権などのトラブルは女性に有利と思われがちです。

早期に適切な処置を行い、的確な交渉を行うことでご希望を叶えることができるケースもございます。

また、依頼する弁護士によって結果が変わってくる部分でもあります。

群馬県トップクラスの実績を持つ当事務所では、男性特有の離婚トラブルを豊富な経験と交渉力でサポートいたします。

2.親身、親切、信頼できる弁護士

髙野弁護士

当事務所ではお客様の親身になってお話を聞かせていただきます。

親身になるというのはただ、話を丁寧に聞くということだけではありません。

相談者の方にとってどの方法が一番良い離婚問題解決の方法であるかということを考え、その解決方法に決めた理由もしっかりとお話させていただきます。

群馬・高崎の皆様から信頼される法律事務所であり続けられるよう、今後も力を入れて行きたいと思っております。

何よりも、お客様の幸せのために

山本総合法律事務所は、「法律事務を通じて人々の幸せに貢献する」を理念に掲げ、皆様のサポートを行ってきました。

これまでもこれからも、変わらず群馬県の皆様から信頼される法律事務所であり続けます。

離婚問題を多数解決してきた弁護士があなたのお悩みを親身になってお聞きします。

まずはお気軽にお問い合わせください。

メールでのご予約も受付中です。

メールでのご予約も受付中です。

関連リンク