離婚調停を申立てたい方へ

旦那さんや奧さんと離婚するために家庭裁判所で「離婚調停」を申し立てるなら、弁護士にご相談下さい。

お一人で手続きを進めるより弁護士がついている方が有利に進められる可能性が高くなります

今回は離婚調停を弁護士に相談・依頼するメリットをご説明します。

 

1.手間が省ける

 

離婚調停を申し立てるには大変な手間がかかります。

まずは「調停申立書」を作成しなければなりませんし、戸籍謄本などの添付書類と収入印紙をつけて申立てを行う必要があります。裁判所との調整ややり取りなどもありお一人では大きな負担となります。

弁護士に離婚調停を依頼すると、申立てに関する手続きやその後の裁判所との連絡等すべて任せられるので、ご依頼者にかかる負担が大きく軽減されます。

 

2.調停委員を味方につけやすい

 

調停は話し合いの手続きなので、調停委員から結論を押しつけられることはありません。

ただし調停委員が間に入って話し合いを主導していくので、調停委員がどちらかに肩入れするとその当事者にとって有利に進みます

弁護士が代理人についている場合、弁護士が調停委員に対して法的な観点から説得的に依頼者の正当性を説明するので、調停委員を味方につけやすくなります

特に相手には弁護士がついていないケースでは、弁護士がついている側に有利に話し合いが進むケースが多くなっています。

 

3.何でも相談できて安心

 

離婚調停を進めるとき、ご本人としてはいろいろな不安を抱えるものです。

相手から主張や反論をされると「受け入れなければならないのか?」と疑問を抱きますし、離婚後の生活が心配になったり、自分の希望を実現できるのか気になったりすることもあるでしょう。

弁護士に調停を依頼していれば、心配事をいつでも相談できます。

心を落ち着けて調停を進めていけるでしょう。

 

4.適切な判断が可能

 

離婚調停を進める際、当事者にはさまざまな決断を迫られます。

相手の言い分を受諾するのかしないのか、受け入れないとすればどのような再提案をすべきかなど。

自分一人では適切に判断できないケースでも、弁護士に代理人を依頼していたら法的な観点から最適なアドバイスを受けられるので、不利になるリスクを大きく低減できます

 

5.DV案件でも安心

 

DV夫から逃げて離婚調停を申し立てるときには、大変な勇気が必要です。

裁判所で相手と鉢合わせするかも知れない、待ち伏せされて後をつけられるかもしれないなどと考えると怖くて申し立てられない方も多いでしょう。

 

弁護士がついていたら家庭裁判所で相手と鉢合わせすることのないよう裁判所に配慮を求めますし、裁判所の近くで弁護士と待ち合わせをして常に弁護士と共に行動できるので、危険を避けられます。

DV案件で安全に離婚調停を申し立てるには弁護士が必須といえるでしょう。

 

 

当事務所では群馬県で離婚調停を申し立てようとする方の代理人活動を積極的に行ってきました。

万全のサポート体制を整えておりますので、これから離婚調停を行う方はぜひご相談下さい。