裁判離婚の5つの離婚事由

裁判離婚の項でも述べましたが、裁判離婚の場合、下記の5項目に該当する離婚原因がないと離婚できません。 paspkonnmigi.jpg

①    配偶者に不貞行為があった時

不貞行為とは、配偶者以外の者との性交渉のことを指します。一時的なものか継続しているか、愛情の有無は関係ありません。

②    配偶者から悪意で遺棄された時

協力・扶助・同居といった夫婦間の義務を、故意に果たさない行為の事です。ギャンブルに興じて働かない、生活費を渡さない、勝手に家を出てしまったなどがこれに該当します。

③    配偶者の生死が三年以上明らかでない時

3年以上に渡り配偶者からの連絡が途絶えて、生死も不明な場合です。

④    配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない時

配偶者が精神病になったという理由だけでは認められず、医師の診断やそれまでの介護や看護の状況、離婚後の配偶者の治療や生活などを含めて裁判官が判断します。

⑤    その他婚姻を継続しがたい重大な事由のある時

性格の不一致・配偶者やその親族とのトラブル・多額の借金・暴力(DV)・ギャンブルや浪費癖・犯罪による長期懲役などがこれに該当し得ます。

尚、上記の離婚原因に該当しても裁判官の裁量により、離婚が認められない場合がありますので、個別のケースにおいて、裁判で離婚事由として認められそうかどうかは、弁護士に相談下さい。

ご相談は何度でも無料

メールでのご予約も受付中です。

離婚・慰謝料の無料相談。まずはお問い合わせください。TEL:0120-783-981 ご相談は
何度でも無料 電話受付:平日9:00~20:00

メールでのご予約も受付中です。