【Q&A】不貞(不倫)の慰謝料の金額はどうやって決まる?

 不貞の慰謝料の金額は、婚姻関係の破綻の有無や程度、婚姻年数、不貞の期間、不貞行為の回数・頻度などの要素を総合的に考慮して判断することになります。

 

群馬県高崎市の弁護士が詳しく解説します。

 

目次

1.慰謝料はケースごとに金額が変わる

2.どんな事情が考慮されるのか

3.不貞が原因で離婚した場合

4.慰謝料の金額については専門家に相談を

 

1.慰謝料はケースごとに金額が変わる

慰謝料とは、精神的な苦痛を金銭的に評価して請求するものなので、数字や計算式で機械的に求められるものではなく、個別に具体的な事情を考慮することが必要です。

ですから、それぞれの事情によって認められる慰謝料の金額はケースごとに変わってきます。

 

2.どんな事情が考慮されるのか

具体的な考慮要素としては下記が挙げられます。

・不貞(不倫)行為によって婚姻関係が破綻してしまったかどうかや、その程度

・婚姻年数

・年齢

・子供の有無

・不貞の期間、不貞行為の回数・頻度

・収入、社会的地位

・不貞についての積極性(どちらが主導的立場にあったのか等)

・不貞の前歴の有無

・同棲や妊娠の有無

・反省の程度や謝罪

 

3.不貞が原因で離婚した場合

不貞により婚姻関係が破綻した(離婚した)という事情があれば一般的には慰謝料の額が増額される傾向にあります。

しかし、不貞時すでに破綻寸前であった等の事情により、一概に増額するとまでは言い切れないのです。

また、不貞が原因で別居したが離婚はしなかった場合や、不貞されたものの今まで通りの夫婦関係を継続する場合などは、離婚したケースに比べて金額が低くなる傾向があります。

以上の様に、2で挙げたような考慮要素を複合的に判断することによって、不貞に対する慰謝料の金額が変動することになります。

 

4.慰謝料の金額については専門家に相談を

このように、不貞の慰謝料については様々な要素を考慮する必要があるため、一概に金額を判断することは困難です。

不貞の慰謝料の請求をお考えであったり、もしくは請求を受けている方は、専門的な知識や経験を有する弁護士に相談することをおすすめします。

 

 

関連ページ

慰謝料について

不貞(不倫・浮気)相手へ慰謝料請求したい

離婚とお金の問題

 

  • 女性のための離婚相談
  • 男性のための離婚相談

ご相談は何度でも無料

メールでのご予約も受付中です。